どんな利点があるのか?補助制度によって期待できること

タクシードライバーになるには二種免許が必要です

タクシー会社にドライバーとして就職しようとしたとき、一般的な自動車運転免許(一種免許)を持っているだけでは、どんなに道に詳しくてもどんなに運転の技術に自信があっても、すぐにタクシードライバーとしての仕事をすることは出来ません。タクシードライバーとして乗客を乗せ営業するためには、二種免許が必要です。二種免許を取得するためには一般的には、教習所に通い技能試験と学科試験にパスしないとなりません。これらの費用は大体20万円~30万円くらいかかるといわれています。まだ働いていないのに、これらの費用を負担するのはなかなかきついもの。ですが、安心してください。タクシー会社の多くは、これらの二種免許取得のための費用を会社側で負担してくれて、ドライバー自身の負担は0ということがほとんどです。

補助制度があるから安心できる

入社してすぐ、まだ二種免許取得前は当然ながら営業は出来ず研修中の身となります。売り上げがないのだから給料が出るのか不安に感じるかもしれません。でも安心してください。多くの会社は研修中でもしっかり給料が支給されていますし、二種免許取得後も売り上げが安定するまでの一定期間は、給与補助制度を設けてバックアップしてくれる会社もあります。歩合制が多いタクシー会社の給与形態ですが、これらの補助制度を利用すれば、未経験者でも金銭面の不安なしにタクシードライバーとして安心してスタートを切ることが出来ます。他にも寮完備であったり、家賃補助があったりと、充実した福利厚生が売りのタクシー会社は多くありますので、自分に合った会社を選んでみてください。

© Copyright Standard Driver Job. All Rights Reserved.