手助け!費用の補助とは

タクシードライバーになるには二種免許は必須!

タクシードライバーとして働きたい!と思っても、一般的な運転免許(一種免許)を所持しているだけではどんなに運転技術に自信があっても、お客様を乗せて走ることは出来ません。タクシードライバーとして働くには二種免許、正式には第二種運転免許が必要です。この二種免許というのは、乗客を乗せる目的で旅客自動車を運転する時に必要な免許です。二種免許を取得するには、年齢が21歳以上で普通免許を取得してから3年以上経過していることなどの条件があります。これらの条件をクリアし二種免許を取得するためには、教習所で学ぶのが一般的ですが直接免許試験場で試験を受けることも出来ます。教習所で学ぶために必要な費用は、約20万円から25万円程度です。

ほとんどのタクシー会社は二種免許取得費用を補助してくれる?!

二種免許取得にはそれなりに費用がかかるのがわかりましたが、求職中に20万円から25万円というのはなかなか厳しいという方も多いのではないでしょうか。でも大丈夫です!ほとんどのタクシー会社ではタクシードライバーとして就職が決まると、二種免許所得に必要な費用の一部または全額を会社負担してくれるというところが多いのです。そして、この二種免許取得のために教習所に通っている期間も給料の支給がある会社がほとんどです。入社の際には入社祝い金や入社支援金が支給される会社も多いですし、寮完備で寮の費用への補助を行っている会社も多く、二種免許取得後も一定の期間は給料の保証制度があったりと、タクシードライバーは福利厚生が手厚い職種でもあるのです。

© Copyright Standard Driver Job. All Rights Reserved.